配信開始から5分程度この表示のままである場合があります。ご了承ください。

鍔龍 途中経過

00260215-034648.jpg↑背景影00260215-034638.jpg↑波に影途中00260215-034626.jpg下地。



昨日まで1ヶ月間、会社を休んで父親の会社の手伝いをしていました。

制作系の業務ではあってもクリエイティビティを発揮する瞬間というのはほぼなかったのでいろいろ腕がなまりまくりです。
その前の期間会社業務でも似たような状態が続いていたため、事態はさらに深刻です。
折角何年もかけて腕を研ぎ澄ませても1週間描かなければ多くの感覚,感性,表情をドブに捨てていることと同じ,という感覚はなかなか社会人,会社人には理解出来ないことでしょう。絵から透けて見える狂気の自信や緊張感というのはこれらに属している限り担保することは不可能なのだとこの半年ほど思い知らされています。
ましてや良く言えば優しく悪く言えば断れない人間性,このままでは最悪の結果しか見えないのです。

制作の仕事で何も心の琴線に触れないときの状態は死んでいるに等しく,そういった仕事は時間を悪戯に食い散らかすため、それを補うために制作をすることが中々叶わず本当に辛いという他ないです。

心の潤いというものを制作の叡智,まだ見ぬ領域への夢想に求める人間にとって今見えている世界の色褪せようはとても看過できるようなものではありません。

……なーーーーーんつってね!←最近伊集院光の深夜の馬鹿力を聴いてハマってるやつ


今回の鍔の絵は上にちょろっと書いたように腕がなまった状態で塗りに入ったら初っ端の方で思いの外やっちまったんですが、そこからいろいろ浮かんで楽しい感じになってます 笑

あと手漉き和紙のドーサ引きの端っこの方、これ使っちゃダメね。墨の流れが全く読めず相当痛い思いしてます 笑

では!

I start a gradation process.

20140112-072523.jpg

After all I picture it in new paper from 1 again because it was not the thing which this picture, blur were able to awfully draw.
The reason why I do not kill this picture is that I want to make repeated cultivation.


やはりこの絵、ドーサ抜けが酷く描けたものではなかったので新しい紙に1から描き直しています。
この絵お蔵入りにしないのは連作にしたいからです。

応龍図 WING DRAGON

20140109-005340_2
翼の生えた龍です。西洋のドラゴンとはまた違い東洋の龍は将棋の駒が相手陣内に攻め込んだときに成るような感覚で翼が生えたり色が変わったりします。最近のカードゲームとかと似てますかねw

PR
ミニ屏風『龍虎図 竜騰虎闘』の画像
『龍虎図 竜騰虎闘』が屏風絵になりました!
東京アニラボ様のお力によって『龍虎図 竜騰虎闘』が浮世絵からミニ屏風になりました!
東京アニラボ様 Webサイトへ

happy new year!

nenga2014
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。
昨年は仕事が忙しく徹夜続きで思うように制作に入れず,かといってそんなに稼いだわけでもないという『……あぁこれが本厄かぁ』を肌で感じる1年となってしまったので、今年こそは気を引き締めて毎日頑張っていきたいと思います。

今年の抱負。

一つ、大きい龍画を3枚以上描く。

一つ、10枚以上龍画を描く。

一つ、美術的考察方向に少しだけ舵を切る。

一つ、3DCGの勉強を再開する。


では改めて今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

鱗が終われば世は事も無し

20131105-031602.jpg

やっぱり色付きのグラデーションだと3日作業ですね。
結構バカにならない色勘と絵の具勘が。。。勉強勉強。。
あとこの絵から所々エアブラシを使ってます。現状は手間軽減レベルですけど、そのうち独特の表現とかも織り込んで行きたいと思います。
仕上げは明後日夜中を目処に。ではアデュー!

10 / 18« First...91011...Last »