水墨画

和柄デザイン 雲龍圖 黒龍 天道 -cloud dragon-

cloud_dragon


昨日書いたようにA3スキャナー付きプリンタを買ったため、これまで実現できなかったソフトウェア制御で行う正確なスキャニングが可能になり、非常に高精細なデータの取り込みを実現しました。

ということで雲龍図です。この絵はもともとかなりモダン寄りにデザインを入れたりしながら描いたので、前回の応龍と違い特に切り抜いたり再構成したりといったようなことはしていません。
そのため四角形の拘束があるのでTシャツは構想段階で除外しました。
続きで製品紹介です。
(さらに…)

和柄デザイン 応龍-wing dragon-

dragon_2wing_1024

dragon_wing4

ou_ryuu_w800
以前制作した応龍図をスキャンしデザインとして再構成しました。

先日Behanceにて 「美的で、上品と知性が織り混ざっている」 という大変ありがたい評価をいただきました。作者は小難しく,偏屈で,天邪鬼のヘッポコ野郎ですが今後も制作に邁進してまいります。よろしくお願いいたします。 (さらに…)

和柄デザイン ファイヤーパターン 鬼火 -白炎-

inibi_bag_low


こんにちは。
縁を1mm弱残してぼかしを入れていく作業ですっかり目がシパシパしてる館長の中坪です。


日本の炎が絶対!絶対!!絶対!!!一番かっこいい!!!!!

と思うんですけど、和風のファイヤーパターンってないですよね。一般的なファイヤーパターン(我々ゆとりおっさん世代だと『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のトライダガーXのシールが一番馴染み深いかな?)やトライバル風のデザインは結構な種類あるんですけどね。 (さらに…)

生まれてはじめてのミス

image
……絶句した。

本当にショックなとき人間は状況が飲み込めずにフリーズする。
題名の装飾と文字と目、三手を残しての取り返しの付かないミス。

思えば本域で絵を描いていて継続不可能な失敗したことがこれまで3回あった。

・墨で安い画用紙に蛇を描いたときに1回
・カレンダーの蛇のグラデーション作業で1回
・瀧龍の線画でドーサ抜けてて1回

しかし色塗り工程ではこれが初。本気で堪える。
何より時期が最悪だ。これが神経の病気からの和柄復帰作になるはずだった。

普段なら即捨てて次の絵を描き始めるだろうが、このタイミングでこの絵と別れたらミスの恐怖に取り憑かれる気がする。こんなところでミスる癖が付いたら確実に精神病になる。


もう一回清書からやる。

PR
ミニ屏風『龍虎図 竜騰虎闘』の画像
『龍虎図 竜騰虎闘』が屏風絵になりました!
東京アニラボ様のお力によって『龍虎図 竜騰虎闘』が浮世絵からミニ屏風になりました!
東京アニラボ様 Webサイトへ

眼部帯状疱疹からの復帰作を制作中

image

痒い。。。メッチャ右のおでこが痒いです。
眼部帯状疱疹なんて病気になる奴は少ないだろうし、一件目の病院でまんまと誤診され,治療が遅れて三叉神経第一とかいう脳幹から生えてる神経をぶっ壊した奴は更にレアだと思うので、どれぐらい痒いか例えると……骨折して石膏ギプスを巻いてから1ヶ月経ったときぐらいの痒さですw
きっと私の絵に興味のある人は、ある程度怪我の絶えない少年期をおくってきただろうから分かるはずw

あのときって辛抱堪らずにギプスの中にシャーペンとか物差し突っ込んでポリポリするじゃない?まんまあの感じです。でも右の眉毛の辺りの感覚は急にほとんどなくなるんですね。不思議。右眉毛だけスター状態!(☆・ω・´)b

で画像ですが、 (さらに…)

3 / 12« First...234...10...Last »